スポンサーリンク

サートゥルナーリアはどこまで大物になる?

兎にも角にも、サートゥルナーリアがまず打ち破るべく常識の一つに選んだのは、ぶっつけ皐月賞制覇。この頂きを越えれば、日本競馬の悲願である凱旋門賞制覇も見えてくるかもしれない。

そういえば、彼と同じロードカナロア産駒の怪物牝馬・アーモンドアイという存在が一つ前の世代に君臨している。

同じくロードカナロア産駒のアーモンドアイ

 

アーモンドアイは2019年初戦でドバイターフを制し、世界でもトップクラスにいることを証明しつつある。

サートゥルナーリアとアーモンドアイが凱旋門賞でワンツーフィニッシュ。サートゥルナーリアがぶっつけで皐月賞を勝てれば、そんな夢のある話も現実を帯びてくるかもしれない。

 

スポンサーリンク

サートゥルナーリアまずは一冠

サートゥルナーリアは皐月賞を制し、世間の評判からすれば、まずは一冠といったところか。

しかし、その高い評判と付けられたオッズからすれば、大苦戦だったといっても過言ではないだろう。

大激戦を制したサートゥルナーリア

 

この馬はこれまで、圧倒的な切れ味で勝利をもぎ取ってきたが、このレースに問われたのは持久力。一瞬の切れ味を身上とするこの馬にとっては酷な流れだった。初めてレースで入れられた左ムチで内にササり、競っていたヴェロックスに馬体をぶつける形になった。

緩いペースしか経験が無く、全力で走ったことのない彼にとって、厳しい流れで一杯に追われることは突如として現れた未知な経験。おまけに休み明けで、決して100%のデキとは言えない状態だったことは想像に難くない。サートゥルナーリアにとって皐月賞は、正真正銘の最初にして最大の難関となった。

それでも尚、彼は1着でゴール板を駆け抜けた。素質が抜けていたことを改めて証明した。

ダービーは皐月賞と違い、切れ味が問われるレース。サートゥルナーリアにとって最高の舞台であり、今回ひと叩きされて状態も100%で臨める。二冠達成に向け、死角は見当たらない。

いや、この馬にとって日本のクラシック二冠など、通過点であろうことは前述した。誰もが想像できない程の偉業を成し遂げるサートゥルナーリアの姿を、心膨らませて待つことにしよう。

 

スポンサーリンク

サートゥルナーリア二冠達成の可能性

サートゥルナーリア二冠達成は濃厚との見解を示させて頂いたが、その可能性は如何ほどのものか。

無敗の皐月賞という称号を得てダービーに挑むサートゥルナーリア。過去にその偉業を成し遂げた先輩たちの顔ぶれをここで並べてみよう。

41年 セントライト
42年 アルバイト
51年 トキノミノル
52年 クリノハナ
54年 ダイナナホウシユウ
60年 コダマ
64年 シンザン
73年 ハイセイコー
74年 キタノカチドキ
76年 トウショウボーイ
84年 シンボリルドルフ
85年 ミホシンザン
91年 トウカイテイオー
92年 ミホノブルボン
01年 アグネスタキオン
05年 ディープインパクト

 

そこからさらにダービーを制したのは以下の馬たち。

41年 セントライト
51年 トキノミノル
60年 コダマ
64年 シンザン
84年 シンボリルドルフ
91年 トウカイテイオー
92年 ミホノブルボン
05年 ディープインパクト

 

17頭中8頭が2冠達成を遂げている。それでも半分弱しか達成していないことになり、意外にも確率的には厳しい数字になっている。

ただし現在と今ではローテーションの事情や体系が大きく異なり、皐月賞とダービーの間に一戦を挟むケースが多くみられる。皐月賞→ダービーへ直行した馬の成績を見てみると、以下の通りとなる。

51年 トキノミノル
→優勝
60年 コダマ
→優勝
74年 キタノカチドキ
→3着
76年 トウショウボーイ
→2着
84年 シンボリルドルフ
→優勝
91年 トウカイテイオー
→優勝
92年 ミホノブルボン
→優勝
05年 ディープインパクト
→優勝

 

8頭中6頭が二冠を達成しており、複勝率は100%と実に優秀。さらにグレード制が導入され、現在の番組体系に近くなった84年以降で見てみれば、もれなくどの馬も二冠達成している。

過去の偉大なる先輩たちと同じ道を辿るのであれば、サートゥルナーリア二冠達成は非常に平坦な道といってよいだろう。

 

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー