自己責任論の中心となる安田氏

自己責任論の中心人物

 

TVやSNSを覗いてみると、一日に数回はこの自己責任問題を目の当たりにするこの頃。

お堅い話題ではあるが、それだけ世間が注目している証拠。

さらにその注目度は、我々の日常生活に深い関連性を含ませているような気がしてならない。

自己責任論が蔓延る現代日本に、次に生かすべき教訓として、またひとつ新しい視点を導き出した。恐れながら再度、乏しい知識を絞り出し、言及させて頂きたい。

 

スポンサーリンク

自己責任論における多角的視点の必要性

先日、小生もこの話題について言及させて頂いた。

 

 

結論としては「正解が無いのが正解」という、結論として適当とは程遠い道標を提供してしまったが、それだけ難しい問題であるということは、世間の御仁方にはご認識いただきたい次第である。

「危険地帯に政府意向を無視していったのだから自己責任だ」

「ジャーナリストとしての基本的な責務を果たしたに過ぎない」

「無事に戻って来られたからいいじゃないか」

 

様々な意見が飛び交うが、一つの結論に縛り上げるのは賢明な判断とは言い難い。

多角的な視点で意見を包括し、次に生かしていく事が肝要だと、もっともらしいことを始めに申し上げておく。

 

スポンサーリンク

自己責任論はバカバカしいのか?

とりわけSNSを中心に巻き起こる自己責任論。

安田氏の歯に衣着せぬツイートへの反骨心も相まって「ネトウヨ」などと揶揄されたスラングで呼ばれる保守的な考えを持つ方々を中心に、彼の言動に対し非難の声が飛び交っている。

一方で各方面のジャーナリストは、相手にもしないといった態度で冷笑する。

2018年10月28日放送のサンデーモーニングにて、青木理氏が当問題について解説したが、ジャーナリストを擁護する内容に一貫していた。

自己責任をバカバカしいとする人

自己責任をバカバカしいとする人

 

「バカバカしくて本当は話もしたくない」

「自己責任なんて下らな過ぎて議論もしたくない」

 

青木氏が自己責任論者たちを強く牽制する言葉を紡いだことは、小生にとっては衝撃的だった。仮にも多くの視聴者が閲覧するメディアに出て意見を述べる上で、上記の台詞はあまりに偏重的ではないかと思われる。

テロリストへの資金源となってしまったなどという情報も流れている以上、自己責任論を振りかざす国民が少なからずいることは間違いない。それを「バカバカしい」などと一刀両断するのは、仮にもテレビで解説員を務める御身であるにも関わらず、客観性を持って物事を語る能力に欠如していると評価せざるを得ない。

フリージャーナリスト達が危険地帯に赴き情報を取ってくることは、意義ある行動であるという評価に対しては論を待たない。そこで小生が思う問題は、そんな意義ある行動に対し有難味を感じない国民の心にあると思うのである。

 

スポンサーリンク

自己責任論の中で育つ子供たち

シリアの何の罪もない住民たちが紛争に巻き込まれ、生活に困窮し、命の危険に晒されていることは周知の事実。力になってあげたいと思うことは、正常な精神を持ち合わせている人間であれば当然のことだ。

しかし、こういった困窮した状況に目を背け、危険地帯への渡航を自己責任と片づけてしまう、ある種「異常」とも受け取れる考えを、なぜ抱いてしまうのか。

それは、難しい話ではなく、日本国民の多くも困窮している結果に他ならない。言ってしまえば、日本も紛争地帯と大して変わらぬ危険な国だからである。

自己責任論が浮遊する日本で育つ子供たち

学校に通えるだけでも幸せか?

 

貧困に苦しむ地域で学校に行けない子供たちがいるのは、痛ましい現実であることに否定しない。それを鑑みれば日本の子供たちは幸せだ。

いや、それは本当にそうだろうか?

当たり前に感じる幸せの中に、実は生き地獄が存在しているいう矛盾があるのではという疑問が浮かぶ。

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー