自分から言い出せない、何かがあった。真実が語られたのは、父親の口からだった。

1年7か月で引き裂かれた夫婦生活、所謂、スピード離婚。

同級生との運命的な出会い遭遇した二人に、いったい何があったのか?

鈴木明子が同級生とスピード離婚

元フィギュアスケート日本代表でプロフィギュアスケーター、鈴木明子さん(33)が昨年2月に結婚した小学校の同級生で会社員、Aさんと2018年9月、離婚したことが11日、分かった。

実家である割烹料理店「和乃家」を営む鈴木さんの父、和則さん(71)が結婚1年7カ月でのスピード離婚に「バレちゃいましたか」と告白。

ちなみに「和乃家かずのや」はこの辺りにある。

 

鈴木さんは2015年秋、和乃家で偶然、地元の小学校を卒業以来、Aさんと18年ぶりに再会。大人の女性に成長した鈴木さんにAさんが一目惚れして交際に発展し、昨年2月1日に結婚した。

Aさんは外資系企業に務める一般男性で、誠実で穏やかな性格ながら、体格はガッチリした男性という。

2015年秋頃、鈴木さんが和乃家で食事をしていたところ、常連であるAさんが来店し、大人の女性に成長した彼女に一目惚れ。少女マンガの如く、絵に描いたようなエピソードだったが、そんな二人の甘い生活は長くは続かなかった。

スポンサーリンク

鈴木明子がスピード離婚した理由

父・和則さんは2人の結婚前に「娘は小学校のころからスケート漬けだったので、掃除も洗濯も料理もできない。それでも、よければ」と親としての心配をAさんに告げていたという。

Aさんは鈴木さんに専業主婦の道を歩んでほしかったようだが、彼女はタレント、解説者としても仕事から離れられず、それが夫婦の溝を深めたようだ。

彼女の離婚前後のツィッターを覗いてみても、仕事に関する内容ばかり。お相手が一般人だから無下には載せられないが、家庭よりも仕事一筋で生きる彼女の様子がうかがえる。

 

スポンサーリンク

人それぞれの幸せを見極めて

バツが付くことは今や当たり前の世の中になってきたが、同級生のAさんは、彼女の性質というか、やりたいことを理解したうえで、結婚に踏み切るべきだったと思う。

一目惚れしたとのことだが、本当に外見だけで結婚まで踏み切ったとなれば、それはかなり危うい行動である。

恐らく、Aさんは鈴木さんには家庭に入ってもらって、子供を作って、ごく一般とされる家庭生活を望んでいたことであろうが、多様性が叫ばれる今の世の中、仕事一筋に生きたい女性もいることだろうし、自分の価値観を押し付けるべきではなかった。

それは鈴木さんにも言えることで、Aさんの気持ちを少しは理解してあげるべきで、仕事の量を減らすなど、夫婦としての形を作ってあげても良かったのではと思う。

全ては想像になってしまうが、1年7か月の夫婦生活ということが、以上のことを物語っていると強く感じる。

人それぞれの幸せを見極めて、それにはまず、自分自身の幸せとは何かを考えて、結婚生活だけでなく、生きる上でも大切な事項だと、これを書いていて痛烈に思わされた次第。

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー