2019年のマスターズを制した瞬間のタイガーウッズ

 

不死鳥の如く、何度も復活する。

タイガーウッズというアスリートは、どうしてこうにも這い上がっては起き上がり、脚光を浴びることができるのか。

むしろ、そんな浮き沈みの激しい人生を楽しんでいるようにも思える。ある意味、彼の有り余った能力からくる余裕なのか。

ツアー通算80勝、メジャー通算15勝を成し遂げるまでの、彼の道程を追ってみたい。

 

タイガーウッズの不倫騒動と薬物依存

1997年に21歳3ヶ月で史上最年少のマスターズ・トーナメント初優勝を成し遂げるのを皮切りに、彼の快進撃が始まる。その後2008年まで連続でメジャー大会を制覇し続けるなど、常にゴルフ界のトップで活躍を続けた。

しかし2009年に不倫が発覚。19人の愛人を抱えていたとも言われ、完全なる性依存症に陥っていた。さらに同年の11月に、妻から車で逃げる際、交通事故を起こす。無期限ツアー欠場を表明するなど、そこからタイガーの人生の歯車が狂いだす。

それでも、彼はゴルフに懸けるしかなかった。

3年後の2012年、再びツアーで優勝し、史上初の生涯獲得賞金1億円突破を果たす。そこから再び新たな伝説の幕開けの始まりかと思いきや、翌、2013年にツアー優勝を果たすも、その後は腰の怪我で離脱が多くなる。

2015年、運転マナー違反として逮捕される。その時の彼の様子はこれ。

見る影もなくなったタイガー

 

残念ながら、かつての輝きは微塵も感じられない姿になってしまっていた。しかし、彼は怪我による投薬治療を続けており、度重なる副作用に苦しまされていた。

そんな状況で車を運転するのは如何とも擁護できない事実だが、必死に復活に懸ける思いが強かったのは間違いない。

そして、2018年以降、タイガーは再度輝きを取り戻す。

 

スポンサーリンク

タイガーウッズが再び復活

2018年9月23日、タイガー・ウッズは米国ツアーのプレーオフ最終戦「ツアー選手権」で優勝。この復活勝利は自身のツアー80勝目となる記念すべきものとなった。

帝王・ジャック・ニクラスは、これでもかという長文で、彼の復活を祝福した。

 

View this post on Instagram

My congratulations to @tigerwoods on winning the @playofffinale! I am very happy for him and extremely proud of him. Tiger has worked very hard to get to this place, and has played very well all season. I never dreamed Tiger could come back and swing the way he has, after surgery. I think you could argue he’s swinging better than he has in his life. He has played fantastically! I think throughout this year some of Tiger’s issues were between his ears, as he had to remember how to win again. Tiger has been close, almost there. You knew he was going to win soon, and this week he did it. It turns out the decision @rydercupusa Captain #JimFuryk made to choose Tiger for the #RyderCup was a great one. He deserved to be on the team, well before this victory. Tiger is a great player, and he’s made a great comeback! Congratulations, my friend! 👍😃 Lastly, allow me to offer my congratulations to @justinprose99 for winning the #FedExCup! Justin has had a great year, deserves this victory, and it adds to an already tremendous resumé of being a major champion, Olympic Gold Medalist, and No. 1 in the world. Well done Justin! @pgatour

A post shared by Jack Nicklaus (@jacknicklaus) on

 

タイガーは帝王の持つ、マスターズ6度の優勝とメジャー通算18勝を目指し、再びさらなる高みへと歩み始めた。

タイガーウッズがマスターズ5度目の制覇で完全復活

ツアー選手権優勝程度では、タイガーにとって完全復活とは言えない。すべてのゴルファーの頂きであるメジャー大会を制してこそ、彼の復活は完結を迎える。

2019年4月15日(日本時間)、遂にタイガーは彼にとっての復活を完遂させる。2019年メジャー初戦となるマスターズを13アンダーで他を退け、自身5度目の同大会制覇を手にした。

これまでの苦労を物語る表情

 

すっかりと薄くなってしまった頭部を見ると、彼のこれまでの苦労が十二分に窺える。

それにしても、不倫騒動やら薬物依存など、それさえなければ間違いなく例題最強のゴルファーになれていたはずであり、どうしても彼には「勿体ない」という言葉が付きまとう。

そこには「神は完璧なものを与えない」という摂理が、強く働いているように思われる。

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー