賛否両論が出ておかしくない問題である。

 何が悪かったのか、どこを改善するべきだったのか、やはりよく分からない問題である。

 日本を揺るがす騒動に発展しておきながら、結局は何も残らなかった。

 まさにただの「お騒がせ」という言葉が相応しいのか。

 

スポンサーリンク

塚原夫妻のパワハラは第三者委員会により不認定

 日本体操協会はリオデジャネイロオリンピック女子代表の宮川紗江選手へのパワハラ行為が認められなかったとして、塚原光男副会長と塚原千恵子女子強化本部長に対する一時職務停止を解除したと発表した。問題を調査した第三者委員会は、塚原夫妻に不適切な点が多々あったと指摘したが、パワハラの事実は認定せず、処分に至らなかった。

 塚原夫妻に対してパワハラ認定はされなかったが、騒動における言動は問題視され「特別調査委員会」および「提言事項検討委員会」が設置されるとのこと。宮川選手が会見せざるを得なかった協会への信頼感の無さなど、組織の機能不全指摘改革が目的とされる。

 私見としては然るべき結果になったと思っている。小生として問題があったのは速見コーチの体罰指導にあったと見ている。厳しい指導で実績を残せるのであれば話は変わってくるが、宮川選手の成績は速見コーチの指導を仰いで以来、落ちてきている。速見コーチと宮川選手の成績に関しては下記を参照されたい。

 暴力行為を受ける選手を協会が守るのは当たり前の行為。さらには成績の落ちている選手に対し、コーチや所属チームの変更を提案することに、異を唱えることは無かろう。

 宮川選手と速見コーチとの絆が深かったとすればそれまでの問題だが、宮川選手が塚原夫妻の「合いの手」を「パワハラ」と受け止め、記者会見にまで至らせたことは、個人的にはさすがに奇怪な行動と言わざるを得ず、そこが大きな問題だと思っている。

 千恵子夫人が「宗教みたいね」と宮川選手に漏らしてしまったようだが、暴力を受け続けてまで成績が伸びない指導を仰ぎ続ける行為を見ると、思わずそのような台詞が零れても致し方ないのではなかろうか。

 いずれにせよ、小生は宮川選手と速見コーチとの「異様」な繋がりが、この問題の根本であると考える。

 

スポンサーリンク

塚原夫妻のパワハラ不認定に対するネットの声

 ネットの声に耳を傾けると、塚原夫妻への批判が多いようだ。

塚原さん強いな。元々少し関わってた人と話したことあるけど、奥さんの方は元々色々問題ある人で、強引に選手集めてたのも、自分が王様に君臨しようとしてたのも、その手では知られた話だと言ってたよ。でも本当に強いな。今回のような問題になっても立場が完全には死なないんだな。

長年に渡って権限を持つ立場に居るのは弊害でしか無いと思う。協会全体的にも改革すらしない、何かあればその場しのぎで対応する。この際夫妻には退いてもらい、役員の任期などの規定を作成して改革するべきでは。

こういう結果になって、日本体操界での宮川選手の居場所がなくなった。協会は彼女を守らなかった。もう、彼女は外国国籍を取得してその国の代表入りして五輪に挑まざるを得なくなった。ハラスメントは、パワハラだけでなく色々様々なハラスメントがあり、厳正に調査したかは甚だ疑問ありだが、調査としてパワハラはなかったにせよ、他のハラスメントがあったかも。選手より協会保護を優先した感あり。また、協会も塚原パワーに屈した感あり。

 たしかに塚原夫妻の権力集中が根強いということも、問題視されて然りである。これに関しては前述の「特別調査委員会」の手腕が問われるところであろう。

 

 決して数が多くないが、私見と同じく宮川選手サイドの行動に疑問視する声も。

個人的には今回の第三者委員会の結論は納得できますね。パワハラがあったのかどうかは確かに本人しかわからないことですが、その本人である宮川選手がコーチに暴力を振るわれてもパワハラと感じず、塚原夫妻の思惑は定かではないですがその暴力を指摘した発言にパワハラと感じたという宮川選手に一般的には不自然さを感じる人も多いのでは?

イケメンが着替えを見たらエッチ、そうでない人が見たらスケベ・・この差は大きいということなんでしょう。

パワハラと思うかどうかは本人、個人の主観です。そういう意味で言えば宮川選手が思ったのですからパワハラはあったのでしょう。ただ訴えられた側がなんでもかんでも処分されるのかと言えばそれは違うと思う。その訴えが世間一般的にパワハラと感じられるなら処分されて当然だと思いますがそうでないなら処分される必要はないと思う。

「パワハラは受けた側がそう感じたのならパワハラだ」という意見があるけどそれって違うでしょ。そしたら言われた側は、気に食わなかったらなんとでも言えてしまう。指導の域でも言った側の意図がきちんと伝わっていなくてもパワハラとなってしまう。そもそも今回この選手は、コーチの暴力は納得してるからパワハラではなく、そのことを指摘されて引き離されようとしたらそれはパワハラだと言ってるのは疑問。

ストックホルム症候群なのではないの?

または恋愛感情があるのでは?

「宗教のようだ」というのもおそらく「洗脳されてるのでは?」という意味合いだったのだと推測できる。出た言葉は間違いだったのかもしれないが、言っている意図は汲み取れる。「オリンピックに出れなくなるかも」も、(こんな成績なら)という前置きがあってのことだし。

私はこの選手が暴力を振るったコーチに心酔し過ぎているようにしか見えない。

 

 皆様はどう思うだろうか。

 パワハラという概念が浸透して久しい今日この頃、それについて深く考えるきっかけとなる一件となったのではなかろうか。

 

スポンサーリンク

パワハラという一手

 以前この問題の記事を書かせていただいたが、今一度、締めのサブタイトルで上記を使わせていただく。

 そして、結論もまた変わることはない。

 「パワハラ」という言葉は、労働者側にとって大変ありがたい存在だが、逆にアナーキーのような混沌状態の訪れの危険性も含んでいると。今まさにフランスで起こっている労働者の暴動。大人しい気質の日本人だが、パワハラという概念が民衆に根付いてくると、その暴動も遠い国の出来事と看過している場合ではなくなるのではと、個人的には大変危惧している。

 パワハラを訴えるにしても、誰もがハッピーになれる、win-winを築き上げられることを念頭に置き、行動するべきだと強く感ずる。

 

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー