William Tyrone Woods

 

プロ野球ファンなら、恐らくは誰もが気になり、話のネタが尽きない題材。

『最強助っ人外国人ランキング』

しかし、威圧感溢れるこの強打者が入っていないことに、ある球団のファンは大変憤慨している。

プロ野球ファン1万人とレジェンドOBにアンケートを取った結果が反映されるというが、この結果に納得のいかないファンが多いようだ。

 

タイロンウッズがランキング圏外

2018年10月22日(月)に『中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!』がテレビ朝日系(19:00~21:48)で放映された。「プロ野球最強助っ人外国人ランキング」と題し、歴代のプロ野球助っ人外国人選手の中から最強の選手を決定する。

番組MCは中居正広(46)が務め、出川哲朗(54)などプロ野球ファンのタレント達が盛り上げ、さらに村田兆治(68)や掛布雅之(63)などの往年のレジェンドOBが番組を彩った。

プロ野球ファン1万人とレジェンドOBにアンケートをとり、歴代およそ1200人の助っ人外国人選手の中から凄いと思った選手を挙げてもらい、それをもとにランキングを作成。番組オリジナルの最強助っ人外国人ベスト25を発表した。

本番組で発表されたランキングは、以下の通りとなった。

1.ランディ・バース
(阪神)
2.ウォーレン・クロマティ
(巨人)
3.アレックス・ラミレス
(ヤクルト→巨人→DeNA)
4.ウラディミール・バレンティン
(【現】ヤクルト)
5.ロベルト・ペタジーニ
(ヤクルト→巨人→ソフトバンク)
6.タフィ・ローズ
(近鉄→巨人→オリックス)
7.アレックス・カブレラ
(西武→オリックス→ソフトバンク)
8.オレステス・デストラーデ
(西武)
9.ランディ・メッセンジャー
(【現】阪神)
10.マイルズ・マイコラス
(巨人)
11.ラルフ・ブライアント
(中日→近鉄)
12.マット・マートン
(阪神)
13.デニス・サファテ
(広島→西武→【現】ソフトバンク)
14.トーマス・オマリー
(阪神→ヤクルト)
15.ロバート・ローズ
(横浜→ロッテ)
16.ブーマー・ウェルズ
(阪急→オリックス→ダイエー)
17.郭源治
(中日)
18.ボブ・ホーナー
(ヤクルト)
19.チャーリー・マニエル
(ヤクルト→近鉄)
20.ジェフ・ウィリアムス
(阪神)
21.ジーン・バッキー
(阪神→近鉄)
22.ジョン・シピン
(大洋→巨人)
23.ビル・ガリクソン
(巨人)
24.郭泰源
(西武)
25.呂明賜
(巨人)

トップ3に異論の声は少なかったが、25位以内に、横浜や中日で活躍したタイロン・ウッズが入っていないことに、中日ファンを中心にtwitterで異論の声が挙がっている。

 

https://twitter.com/ara03100/status/1054351775518535680

 

忖度という言葉が常態化して久しい今日この頃。彼もまたその被害者になってしまったか。

 

スポンサーリンク

タイロンウッズは現在何してる?

中日退団後は米国で不動産業を営んでいるというタイロン・ウッズ氏。しかし明確に現役引退をしたわけではなく、今も尚、プロのオファーを待ち続けているという噂も。

 

レフトへライトへ打ち分けるパワーとテクニック

 

2019年で50歳を迎えることになるが、どこかでその雄姿を見ることは出来るのだろうか。

唯木絢斗@oaonly180415をフォロー